イタリア語の挨拶・ciao、それともbuongiorno?

前のトピックを表示 次のトピックを表示 Go down

イタリア語の挨拶・ciao、それともbuongiorno?

投稿 by Matteo Savarese on Mon Feb 23, 2015 10:32 am

イタリア語の一番一般的な挨拶は、buongiorno、buonasera、ciao、arrivederciとbuonanotteです。
どういう風に使い分ければいいでしょうか?

1.丁寧さの違い
それでは、まず丁寧さの違いがあります。
buongiorno、buonasera、arrivederciは丁寧な挨拶です。
ciaoとbuonanotteはカジュアルな挨拶です。

2.場面の違い
buongiornoとbuonaseraはだいたい誰かに会った時に使います。arrivederciは誰かと別れる時に使います。
ciaoは会った時でも、分かれる時でも、いつでも使えます。
buonanotteは「お休みなさい」という意味の挨拶です。
ただし、日本語の「お休みなさい」と違って、だいたい親しい人同士でしか使いません。

3.時間の違い
buongiornoとbuonaseraを使う時間帯が違います。
buongiornoは「おはようございます」、「こんにちは」両方に当たる挨拶で、だいたい午後の5時までに使えます。それ以降はbuonaseraです。
ciaoはいつでも使えます。
buonanotteはだいたい寝る直前に使います。食事会か飲み会が終わってみんなが帰る時の挨拶としては、buonanotteを使う場合もありますが、親しい人同士の場合だけです。
家族のように、同じ家に住んでいる人同士の中では、全ての挨拶はciaoです(寝る前だけはbuonanotteですが)。

4.例外的な使い方
buongiornoとbuonaseraは、一般的に会った時の挨拶とされていますが、分かれる時でもbuongiornoとbuonaseraを使うことがあります。それは特に、誰かが相手のそばを通って、通りながら挨拶する場合はそうです。会ってすぐ分かれるからです。
あとarrivederci buongiorno、arrivederci buonaseraという二重挨拶は、分かれる時にただのarrivederciの代わりによく使われています。

5. バリエーション

5.1 ciaoの繰り返し
別れる時は、ciaoを繰り返すことがよくあります。そしたらciaoはciao ciaoになります。電話を切る時はciaoを何度も繰り返すことがよくあります(通話が切られるまで)。
だから電話を切る時の挨拶はこのような感じです: ciao, ciao ciao, ciao, ciao ciao ciao, ciao。

5.2 短い挨拶

buongiorno、buonasera、buonanotteが短くされることが多いです。そしたら’ngiorno、sera、notteになります。短くすればよりカジュアルな挨拶に聞こえます。

6. 他の挨拶

日本語では、「おはようございます」と「こんにちは」の区別もありますし、「ただ今」と「お帰りなさい」のような、その場面に合った挨拶はたくさんありますが、イタリア語ではだいたい全部ciaoですませます。だからといってイタリア語でも上記のものの他に色々な挨拶が存在しています。ただし、それらはほとんど特別な意味の挨拶として使われることはなくて、それより基本的な挨拶のバリエーションとして登場することが多いです。後、挨拶によって丁寧さの程度をより細かく表現することもできます。

6.1 別れる時の挨拶

別れる時は、ciaoやarrivederciの他に、a presto、a dopo、a più tardi、alla prossima、ci vediamo… 、addio、arrivederLaなどがあります。
a presto、a dopo、a più tardiは丁寧な挨拶にもカジュアルな挨拶にもなれます。
訳し方はとしては、
a presto…又今度
a dopo、a più tardi…又後で
です。
a prestoは、arivederciと重ねて使うことができます。そしたらarrivederci a prestoになります
alla prossimaとci vediamoはカジュアルな挨拶です。
両方とも「また」、「また今度」のような意味です。
ci vediamoの後はだいたい何かがつきます。たとえば、
ci vediamo dopo…また後で
ci vediamo fra cinque minuti…また五分後
ci vediamo lunedì…また月曜日
など。
addioは、相手と二度と会いたくない時に使います。特に別れる恋人達はその典型です。
もともと、相手との仲が悪くなくても、(どちらかが病気でしにそうな時など)2度と会うことがないだろうと、協調して言いたい時に使う挨拶ですが、再会がなさそうな時でもだいたいその事実を触れないで、又会えるような挨拶を使います。
arrivederLaのLaは、代名詞のLeiの目的語版であるため、大文字のLで書きます。Arrivederciのもう少し丁寧な言い方です。(arrivederciでもカジュアルというわけでもないのですが、arrivederLaはその丁寧さを超えます)。

6.2 会った時の挨拶
会った時の挨拶として、salveもよく使われています。salveはciaoよりフォーマルですが、buongiorno、buonaseraと比べればカジュアルです。買い物する店に入る時などに使います。

7.よりカジュアルな挨拶
若者達はよく、友達と会った時に、普通の挨拶ではなくohi、ehi、ohilà、ehilà、uehi、uehilàを使います。
avatar
Matteo Savarese
Admin

Posts : 38
Join date : 2013/12/11

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

前のトピックを表示 次のトピックを表示 トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: 不可