イタリアのクリスマスメニューとは?

前のトピックを表示 次のトピックを表示 Go down

イタリアのクリスマスメニューとは?

投稿 by Matteo Savarese on Sat Jan 31, 2015 4:25 pm

クリスマスはイタリアの重要な祭日です。日本人はだいたい、クリスマスの日にイタリア人が家族と集まって美味しい料理を食べるイメージしているようですが、その料理の典型的なメニューはあまり知られていないようです。あと日本では、クリスマスの日にヨーロッパの人達がターキーとクリスマスケーキなどを食べるイメージが強いようです。
実際イタリアでは何が食べられているのでしょうか?
実は地方によって、家庭によってはクリスマスの習慣は多少違いますので、「イタリア人」が何を食べるかはいいにくいですが、私はとりあえず私の家庭と私の故郷(トリエステ)の習慣について話したいと思います。一回ナポリ出身の友人と話してみたら、だいたいナポリのメニューはトリエステのメニューと同じだったようです。ただナポリでクリスマスイブに鰻を食べる習慣がありますがトリエステにはないです。でもトリエステとナポリは両方とも港町なので北と南の離れた地方であっても食文化は以外に似ているようです。
クリスマスの祝いは三つあります。24日の夜のクリスマスイブ(vigilia di Natale)、25日の昼食会(Natale)、26日の昼食会(Santo Stefano)。
25日のお昼に豪華な食事をする習慣があります。三日間連続で毎回たくさん食べるのが大変なので、イブの食事と26日の食事は軽めです。ただし、地方と家庭により、24日の食事としては魚料理を食べるのと、食事会をしないで25日まで待つという二つの考え方があります。
海岸沿いでは、24日に魚系の食事会をやることが多いようです。海岸から離れた地方では逆に、24日に食事会をしないことが多いようです。あと南のほうが24日も祝う習慣は根強いようです。

1. クリスマスイブの魚料理
トリエステでは、24日は魚料理です。次の日には豪華な昼食会が予定されていますので、魚を食べることによって胃に負担をかけ過ぎないようにします。でもやはり24日もたくさん食べます。

1.1 前菜
前菜としては、このような料理は典型的です。
たこのサラダ
貝殻付き帆立のグラタン
貝のスープ(ムール貝、マテ貝が典型的です。)
ピンクソースの海老(ピンクソースはマヨネーズとケッチャップが混ざったソースです。)
スモークサーモンのカナッペ

1.2 プリーモ(一つ目のメイン料理)
魚介のリゾットは典型的です。特にアサリとイカがよく使われています。

1.3セコンド(二つ目のメイン料理)
鯛かスズキのオーブン焼きは典型的です。
南イタリアではウナギも食べます。

1.4 コントルノ(副菜)
野菜のサラダ:クリスマスの特別なものではないのですが、典型的なイタリアのサラダはトマト、ラディッキョ(チコリ)、人参、インゲン豆、キュウリで作ります。

1.5 デザート
パネットーネ(クリスマスの代表的な菓子パン)
パンドーロ(違う種類の菓子パン)
地方の伝統的なお菓子
トロンケット(チョコレートクリームたっぷりのクリスマスケーキ)

1.6 飲物
24日は全部魚系の料理なので、ワインは白です。
12時になったら乾杯しますので、それ用のスプマンテ(スパークリングワイン)が用意されます。

2. クリスマスの昼食会
25日のプランツォ(昼食会)はクリスマスの本番の食事です。イタリアでは25日は休日なので、家族がお昼に集まります。
本番の食事なので、遠慮しないで好きなくらい食べてもいいです。クリスマスは、みんないつもよりたくさん食べて、食事が終わった時にお腹が破裂しそうです(クリスマスの夜は何も食べないで直接寝る人も多いです)。
クリスマスの昼食会では肉系の食べ物が多いです。これはメニューの例です。
2.1 前菜
サラミ、ハム、その他アッフェッタート(加工された肉)
チーズ、オリーブ

2.2 プリーモ
ニョッキ(ソースとしてお肉の煮込みソースを使います。)

2.3セコンド
お肉の煮込み料理(すね肉など)

2.4 コントルノ
温野菜(ジャガイモのピュレ、ジャガイモのロースト、エンドウ豆、きのこ、フェネルなどのソテー)

2.5 デザート
24日と同じです。パネットーネ、パンドーロ、トロンケットなど。

2.6飲み物
肉系の食事なので赤ワインが多いです。食前酒としてスパークリングが飲まれます。

3. サント・ステファノの昼食会
26日はサント・ステファノ(聖スティーブン)の日です。
この日にも家族が集まりますが、24日と25日にみんなたくさん食べてきたので、普通より軽めの食事です。
基本はブロードです。ブロードというのは、手作りコンソメのことです。牛肉、タマネギ、人参、セロリーを茹でて、その茹で汁はブロードです。
ブロードの中に又パスタを茹でて、パルミジャーノ(パルメザン・チーズ)をかけて食べます。パスタとして、サント・ステファノにはトルテッィーニ(肉詰めの麺)は特に人気あります。
そのあと茹でた肉にオリーブオイルとビネガーをかけて、サラダとして食べます。
人参もそうです。
この日はお腹を休ませる日なので、又ワイン飲む人も多いのですが、控える人もいます。デザートもそうです。

_________________
Matteoのイタリア語スカイプレッスンと翻訳サイト。 ファーラムのメンバーは授業料と翻訳料は10%OFFになります。
Matteo's Italian & Japanese Skype lessons & translation site. Forum members enjoy 10% discount for Skype lessons & transations.
avatar
Matteo Savarese
Admin

Posts : 38
Join date : 2013/12/11

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

前のトピックを表示 次のトピックを表示 トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: 不可