レンツィ政権が参議院を無くそうとしています。

前のトピックを表示 次のトピックを表示 Go down

レンツィ政権が参議院を無くそうとしています。

投稿 by Matteo Savarese on Tue Apr 01, 2014 3:31 pm

レンツィ政権がイタリアの参議院(セナート)の大幅な改革を図ろうとしています。
改革が達成されたら、参議院議員が今みたいに選挙で選ばれる制度がなくなります。
参議院議員の大部分は地方自治体の代表者になる予定です。残りの一部は大統領から選ばれた議員になる予定です。
内閣の新法律提案に対して、参議院からの許可が要らなくなります。
又参議院は、内閣に対する不信用宣言を出すことができなくなります。
改革が通れば、今と比べて参議院の力が大幅に減らされます。
この改革によって、政府は節約を図ろうとしています。
議員選挙にかかる費用、議員の給料を節約できる見込みです。
又、今まで新しい法律を作るたびに参議院の許可が必要だったため、かなり長い時間がかかったのに対して、改革が当ればその時間も省略できますのでそれでも大きな節約ができるという見込みがあります。
民主党の左派は、レンツィ内閣が国をより独裁的に支配しようとしているから、この改革を止めるべきだと主張しています。
ベルルスコーニの右派党フォウルツァ・イタリアは逆に、この改革が悪くないがその前に選挙法律を改革するべきだったと主張しています。
いづれにしてもレンツィの改革が国民に割と歓迎されているようです。
avatar
Matteo Savarese
Admin

Posts : 38
Join date : 2013/12/11

ユーザーのプロフィールを表示

トップに戻る Go down

前のトピックを表示 次のトピックを表示 トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: 不可